上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は旦那さんとネコねこねこ♂ねこ♀3人の計5人で暮らしていますjumee☆paw1

mixiされてる方はこちらにネコたちの記録がありますので良かったらみてください顔文字

『三人の猫』

フォトは コチラ 『3人の ゴロゴロ(((=_ェ_=)(=^・^=)(=_ェ_=)))スリスリ』


その一人のマムちゃんが今病院に通っています。。。
今まで三人それぞれ病院にお世話になったことはありますが
普段 お家 から出したことなく
また、猫は部屋の模様替えの変化ですら敏感にストレスを感じるので
病院に連れて行く準備の時からかなり動揺してるマムちゃんでした汗2
特にマムちゃんは三人の中の一番の臆病者。
人を警戒しまくっては怒って・・って弱虫マムちゃんはそう表現します。。

もう一週間以上前になりますがいつも私のひざにのってるマムちゃんなのに
抱っこしても機嫌悪いしなんかおかしぃなぁ~っと思ってふと見たらオシリの横の皮膚がタダレていました泣く汗1

見るからに痛さそうでひどい状態だったのですぐさま病院へ。。。
結果、【肛門嚢】の破裂でした。

うちは女猫三人なので手術もしてないし
外にも自由に出せるようにとか今までずっとしていません。

この子たちの母親もそうだったんですが車にはねられて亡くなる猫が多い中、
猫にとって車など環境としていい環境なら出してあげたらいいけどそうじゃないところが多いから
姉妹もいることだしわざわざ外に出さなくてもその方が猫にとってもいいし賢明、
と、この子たちが生まれたときペットショップの方に教わってそれを貫いてきました。
なるべく自然でふさわしい状況にしてあげたいって。。。

でも今回の肛門嚢の破裂、
避妊手術をしていない猫は肛門嚢になる確立が高いとか
家の中にずっといると犬、猫の仲間同士の挨拶(お尻の匂いを嗅ぎ合う)や性的な匂いの主張とも言われていますが、そういうニオイを出す機会が少ないっていうこと、
そういうのがもしかしたら原因なのかもしれない。。。
他にもストレスとか考えられる原因はあるんですけどね。。。
室内猫、室内犬はなので飼い主が定期的に肛門腺をしぼってあげて中の分泌物を出してあげるのが効果的な予防法ということも初めて今回聞きました。

この子たちがこの世に生まれたのが2000年。

まだまだ知らないことだらけ。。。

ちなみに猫は1年で成人するので人間の歳でいうと1年→18歳。
それ以降は4歳をプラスしていく計算法だそうです。

もう50歳近くなんだね..。oO

猫はとってもキレイ好きで毛づくろいをしては体を洗っています。
でも、マムちゃんはその痛々しい傷口も気にしてはあのザラザラな舌でなめるので傷が一時ひどくなってしまい涙
で、今、やむを得ずカラーをつけています。

           mixi 077

     mixi 071



すっごくかわぃそう手書き風シリーズ28顔3
毛づくろいできないしご飯食べるのにも歩くのにもすっごく不便そうでこれもかなりのストレスだなぁって感じなので
時々外して傷口以外をお手入れする時間を作っています。

一方、うちの三人娘は順番にさかるのですが
今さかってるのはワンワン白猫:左向き

ワンワンだけはさかると家の中どこにでもオス!?って思うくらいマーキングのようなおしっこをしてホントクサイしどうしようもなく・・・
で、以前アップしたこの状況の今です

      ハンドメイド119

これもワンワンにとったらストレスなんだろうなぁって思うけどごめんね雫



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
マムちゃん、早く良くなるといいねv-292
うちのくるりも避妊手術してないなぁ。旦那にしたほうがいいんじゃない?ってゆうと、なんかかわいそうでってゆってて、結局してないかんじ。
2008/08/27(水) 08:34 | URL | AYA #-[ 編集]
わかるわぁ。。。
私も旦那も人間の都合で手術っていうのが嫌でしてなかったけど
家にずっといる環境が
結局人間の都合なのか
本当に猫にとってよかったのか
それによって実際リスクをともなったわけだもんねっっつ
2008/08/28(木) 18:23 | URL | hi+na□.:* #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinasanchi.blog19.fc2.com/tb.php/75-b31208c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ハンドメイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。