上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
40w : 2月22日 猫の日&出産予定日




昨日の検診での刺激の影響かおしるしらしきものや鈍痛があったけれど予定日の今日はまだあるけれど遠のいたようなとりあえず気にしないで全然いられる程度の状態。
我が猫たちはこの日誕生日を迎え旦那にかつお節を多めにもらってお祝い

もっと前から覚悟はしてたものの
いちおう気を使ってくれてたのか
でも父がもうここまで来ると本来の父発揮で何かしゃべりだすかと思えば『まだかまだか』の一言

22日予定日、あと3時間で終わるという時でも『まだ予定日間に合う

と言ってこっちが何を言っても聞いておらずでした
親戚や友達も心待ちにしてくれてて気になって連絡くれたり。。。
すっごく幸せだし一方で焦ってしまいそうな自分を抑えたり。。。

親の店(リサイクルショップ)は今日定休日なので
余計この日に生まれてくれたら都合良かったのだろうけど
こればかりはね
気にしない気にしない
昼間の明るい時間帯に父にウォーキングつきあってもらいました

とりあえず風邪の方でしんどかった体は体調万全ではないけれどぐっと楽になってるのでこれでいつ陣痛来てもその不安はなくなったかな




2月23日 : 予定日1日経過 




夜中のトイレの回数やお腹の張り、ちくちくした腹痛は変わらずあるけれど
増しはやはりしてなくて睡眠時間しっかり取って目覚めました。

体調戻ってきてるし今日もウォーキングをと思っても週末まで雨だからどこかショッピングセンターに行くか、
でも一人で行くのはもう危険かなとか・・・
で朝からWiiのテニスやボクシング、野球をして汗だくに

昼からは母とスーパー巡りをして体を動かし
夜は父とウォーキング。。。

でも・・・

とうとうこの晩のウォーキングで思いっきり転んでしまいました

気をつけていたものの
あっ、転ぶ、と思ったらスローモーションのようで
必死にお腹をかばおうと肘や手のひらや親指や膝や・・と擦り傷だらけになったけれど
出てるお腹も結局道路にワンクッションいちおう置いてぶつかり・・・
しばらく唸ってしまいました・・・

父が動転して母にすぐ電話して車できてもらってそのまま病院へ。

陣痛室に運ばれて赤ちゃんの心拍を30分ほど確認、
そのあと先生にエコーで胎盤の状態などもみてもらい無事を確認しました。

ホント良かった


ここまできて風邪引いたり転んだり。。。ホント赤ちゃんごめんね。。。


赤ちゃんの心拍を確認してるとき、
無事でホントホッとしてここが陣痛室で予行練習みたいな状況、安心をもらえたんだなって痛感しました。

微弱陣痛が4分置きくらいにあって陣痛の波がその数字を見ながらだと
『あっ、ホントだ、この数字くらいに上がってるとき確かに張ってるし痛い』って確認。
ホント自分でわかってなくて
この機械がなければ特に何事もなく過ごしてる私だなってしみじみ感じました。
でもこれは微弱だからですよね。。。


明日は新月3日後 & 検診

強烈なグリグリをされるのかなぁ。。。




2月24日 : 予定日2日経過




今日は検診でした。
昨日のアクシデントの今日でこのまま夜中に本陣痛になるかもしれないと言われましたが
結局疲れてか安心してか夜中ぐっすり眠れて朝を迎えました。

行きは歩いて行き、検診時間に母が車で来てくれて一緒に診察室へ。
まずは昨晩のように赤ちゃんの心拍、陣痛の度数を30分チェック。
陣痛度のグラフ、MAXが100とすると昨晩は20強の数字が4分間隔くらいで不規則にあった感じで微弱陣痛と言われましたが
今日は100MAXまでいった時もあり結構強弱ありの6分間隔くらいでした。
その痛みが持続かつもっと規則的になったら本陣痛。
先生に今日も『今晩でも明日でも明後日でもいつ陣痛きてもいいですよぉ~。
もし来なかったら火曜日に検診きてくださいねぇ~』
と言われて終わりました。

内診で刺激をいただきでも余裕があったのでそのまま母とイオンへ。
夕方まで歩いて歩いて体を動かしました。

お腹の張り、
胎動の位置、
恥骨の痛み、
痛みの時間もちょっと長くなってきたような。。。


とりあえず気にせず過ごせる限りは好きなことして時間過ごしていられたらなぁって思って今夜を迎えています


スポンサーサイト
風邪の方が長引いてスッキリしないまま予定日は明日です。

先週39wの検診では子宮口が2cm開いている状況でした。

両親が青森に行って不在の中、旦那にちょっと無理してもらって少しでも長く居てもらって
「これがホントに最後かなぁ」なんて里帰り前にも二人で外食の時間を噛み締めたのだけれど
この日またできるとは思いもせず寿司を食べに行って味わいながらいっぱい話してるうちに2時間以上も気づけば長居していました

そして旦那が帰ってすぐ私と青森から帰ってきた両親はほぼ同時に風邪

薬を飲みたくなかったけれどこの状況で陣痛が来たらホント自信ない
それでなくともヘタレで周りにいっぱい励まされながらここまでこれてる私なのに
せめて体調は万全で挑みたい・・・
先生が薬を我慢するより早く治すのが大事と処方していただいた喘息用とも花粉症用とも言える風邪薬をすぐ服用して熱は下がったもののその他の症状がほとんど変化ないまましんどくて。。。
両親も具合悪いまま
そうこうしてるうちに一週間経った今日。

今日、40wの検診では子宮口が3cmになっていてお産できるベストな状況になっていると言われました。

先生に今晩陣痛が来るかもしれないし遅れても大丈夫だけど何より体の調子を良くしないと・・・
と新たに薬を処方してもらいました。

とりあえずは金曜日に次の検診の予約を。

今日はマタニティビクスはキャンセルしまったり過ごすことに。。

病院までの往復は歩きで行ってきました。

今までやってきたヨガやビクス、ウォーキング、マッサージ。。。

最後の最後に追い込みできてない状況になってしまってるけれど全てが活かされますように。。。


今日の内診で刺激を受け帰りの段階からそして家にいる今もお腹がちくちく痛かったり鈍痛もあります。

さぁ。。。

本陣痛はいつになるかな

ホントは旦那が今日明日と連休を取ってくれてるから今そばにいるはずなんだけど
私も両親もこんな状況の中来てもらって
陣痛こないままもし風邪だけうつって大阪戻って
本陣痛が来たときに旦那が具合悪い状況になってたら・・・って可能性を考えて我慢して家で待機してもらっています。。。

ここまで来ると気持ちが固まってくるようになってるのか・・・
体調万全じゃないけれど気持ちはどんと構えれてる状態の私でいます。
不思議だなぁ。。。

明日は新月

満月や新月の一日前や三日後の出産率が高いそう。。
不思議だなぁ~。。。


そして今トイレに行ったらおしるしなのか内診後の出血なのかどっち。。。




2012年2月10日金曜日


青森のおじいちゃんが亡くなりました…

あともうちょっとだったのに・・・
ひ孫を見せてあげたいってずっと14年間夢だった…

おじいちゃんは前立腺癌になって余命3年と言われたのが10年前でした。

昨年の地震の時行方不明になって日記にも書きましたが福島県でやっとドロドロになって見つかって・・・
って痴呆も重なってその後入院生活がまた始まりました。

手術をし転移はなかったけれどどんどん皮と骨になって金曜日までのこの何ヶ月、
胃に水さえ入れれないまま点滴のみで寝たきりで全く動けない、
会話も何もできないまま最期を迎えました。

里帰りをしたものの急遽両親は青森へ行ったので私はあと少しで予定日という時期に一人になりました。

土地によってやり方などホント違うんですね。。。
青森ではまず納棺、翌日火葬、そのあと通夜、そして葬式、と日数かかって
親が帰ってきたのは水曜日でした。

正直不安でしたが
ホントは私も行きたかったけれど妊婦は行ってはいけない、できれば同じ時期に重なるなんて縁起が悪いから避けたいとおばあちゃんからずっと言われてきてたのでこればかりは仕方のないこと。。
愛知からおじいちゃんを見送るしかできない。。
一人の間はウォーキングなど何もせずおとなしく家で過ごしておこうかなと一瞬思ったりしたけれど
どんと構えておこう!と変わらず一人体を動かす日課は続けて過ごしていました。

青森は今年例年の三倍の雪の量です。
祖父母宅は地吹雪ツアーで有名な場所。
玄関あけたら目の前は雪で出れないし、雪おろしはしなきゃだしでも雪は降り続けてるしでホント今年はより大変そう。

どんと構えてとか思っていながら夜になると前駆陣痛らしきお腹痛いのが特に強くなって不安でたまらなかった・・・

そんな中、旦那も心配してこっちから高速乗ってそのまま仕事行くって形で一日きてくれたり。。。


旦那が来てくれたり親が帰ってきた途端夜お腹痛いのがなくなったりして
今度は風邪を引いてしまいました。

熱や鼻水、喉、咳、くしゃみ…ともうすぐ一週間になるけど両親も風邪引いてしまいかなり長引いてしまっています。

病院で喘息の薬などもらって赤ちゃんは大丈夫だからと飲んでるけれど
インフルじゃなくて良かったけれど
今陣痛きたら自信ない・・・
体調万全で出産に挑みたい。。。
体を動かす日課がこんな直前にできなくなって余計不安になってしまったり
そうこうしてる間に予定日は明後日です。。。


おじいちゃん、天国で楽になって笑ってこれからは過ごしてね。。。
もう一度会いたかったけれど近くに感じています。。。
たくさんの思い出が蘇ってくる。。。

どうか見守っていてください。。。

大好きなおじいちゃんへ

里帰りしてから。。。

旦那とは毎日電話じゃなくメールを主にするようにしています。

旦那は毎回の写真や動画を送ってくれて寂しさを癒してくれます。

実家にはの男兄弟がいてみんながお腹の中にいた時のママ猫との出会いから私たちは一緒で
生まれた直後にママ猫は亡くなったから5匹みんなに寝る時間を割いてミルクをあげたりトイレの仕方を教えたりと育ててきたんだけど
その後実家とうちでオス2匹とメス3匹を分けての生活にしてから
やっぱり一緒に生活してるのとしてないのとでは違うよね。。。
実家の猫たちはやっぱり赤ちゃんの時のことなんて忘れてるよね。。。
昔の様に懐くわけにはいかず私は家のが恋しくなりながらも日に日にオス猫たちも懐いてくれてきてるかなという感じです。
そして一方で旦那にも私にばかり懐いていたがどんどん懐いていってるのが写真や動画でわかり嬉しい限りです

          画像 1520
          画像 1521
          画像 1518
          画像 1519
    画像 1524

うちの

    画像 1522
          画像 1523
          画像 1517
          画像 1516



実家の




                          



マタニティ生活、あと何日だろう。。。

これが最後の記録になるかなぁと思いつつまたさかのぼって記録しておきたいと思います



36W : 遅くなりましたがベビー用品を買いに行きました


    画像 1532

早速洗って干した様子
わざわざ何この写真って感じかもしれませんが初めて我が子のこんな小さな洋服たちを干せる幸せ。。。
胸がいっぱいでした

短着や長着など二重ひもになってる片方を切り取ってマジックテープに付け替えたり。。。

    画像 1535
    


そして
引き続きちくちくモード中、ということで私のできる限り簡単なことだけですがちくちくしました。

    画像 1534 

赤ちゃん用の敷布団、枕、寝返り防止枕のカバーを手縫いでちくちく

          画像 1534

手袋、靴下、レッグウォーマーをちくちく




37W : いよいよ正期産

検診で内診が加わり子宮口が1~2cm弱開いている状況

2度目のマタニティビクスも参加


マタニティビクスはヨガやウォーキングとは比にならないほどホントに髪の毛もびしょびしょになるくらい大量の汗をかきます。
ハードな動きをやればやるだけ『安産』に繋がってるかなってなんか達成感みたいな安心感へと繋がります。

週に一度だから他の日はウォーキングを1時間半~3時間くらいしたり
スクワットをしたり
DVD付きのヨガを家で一人したりを日課にして
そんな私は“真面目”なのではなく自分の中の出産に対する不安な気持ちがその分単に反映してるという相変わらずの私健在なだけ

元々ウォーキング嫌いな私。
でも今は違う。
安心感にとにかく持っていける。。。

住んだことのない実家、つまりは周り近所全て馴染みない土地だから逆に助かったかも。。
毎日違う知らない道を冒険のように歩いてみたりして一回のウォーキング中に一枚気に入ったショットを見つけて撮ってみようなんて一人楽しみながら続けれています。

    85_20120219225216.jpg
    82.jpg

この2枚は里帰り前の大阪で。
家出てすぐの淀川の堤防の風景。。ここを歩くことから私のウォーキングはスタートしました。

    110_20120219225237.jpg
    111.jpg
          112_20120219225304.jpg
          113.jpg
    114.jpg

最後の写真は近所の歩道橋なんですが
とにかくこっちはおしゃれな風景がたくさんです。
住宅街を歩くだけでモデルルームに足を踏み入れたような楽しくなってしまう
家々の表札一つに注目していくだけでも新鮮
素敵なおうちがたくさんで思わず写真撮りたくなるけれどやっぱりそれは撮ってはいけないし我慢


ウォーキングできない雨や雪の日はショッピングモールに足を運んでそこを歩いたりしています。
一度階段3F分を10往復したらその翌日から3,4日筋肉痛が半端じゃなく続き普通に歩くことさえ困難に・・・
調子に乗ってしまったかな



38w : 検診のエコー時、先生に『お腹すごく張ってるねぇ』と言われました。

言われてとっさに自分のお腹を触ってみて『これが張ってるってことなんだぁ』と生期産2週目にも入って今更ながら理解しました

これだったら今までよく張ってたなぁってホント私は敏感な部分と鈍感な部分が両極端なんです

この日、 3週間ぶりに旦那が来てくれました

休みの日に限って寒波が来て車で高速を通ってくるのが厳しく我慢が続いていました。
休みといっても翌日仕事だし夜勤だしで、朝仕事が終わってそのまま高速でこっちに向かって
私はご飯を用意して待ち、着いたらご飯食べてしばらくして旦那は夕方まで眠り
私はその間に検診とマタニティビクスを受けに行って。。。
夜ご飯をいっしょに食べてストーブの前でウトウト二人して一眠りしてそして夜中に帰って。。。
と日帰りのようなパターン。
寝てばっかではあるけれど、あっという間で寂しいけれど
少しの時間でも近くにいてくれてるってことがどれだけ大きいか。。。
ホント気持ちが安らいで元気をもらえます。


                          



ハンドメイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。